クールスカルプティング
coolsculpting

京都初2台同時使いのデュアルスカルプティングで一度に2サイクルの施術が可能。
体重を減らすのではなく名前のとおり、冷却して彫刻するクールスカルプティングは装着部位の脂肪分だけを4℃に凍らせ1回の施術で脂肪細胞の約25%を減少することができリバウンドしにくいのが特徴です。脂肪は減らしたいけどダイエットは続かない、痛みが伴う脂肪吸引は怖くてできないという方、クールスカルプティングで理想の体型を手に入れましょう。

痩せたい部位にアプリケーターを装着し温度をコントロールしながら一定時間冷却します。
脂肪に狙いを定めた制御冷却により脂肪細胞のみを凍らせます。
凍った脂肪細胞が機能しなくなり数週間から数ヶ月かけて自然に体外に排出されます。
排出された脂肪分のふくらみが減ります。
脂肪細胞を小さくするのではなく脂肪細胞の数自体が減るためリバウンドしにくいのが特徴です。
ダウンタイム
  • 吸引部分が赤くなったり部位により内出血がでますが数週間でおさまります。
  • 施術部位に打撲痛や皮膚をさすると普段と違うような感覚が続く場合がありますが2~3週間程度でおさまります。
サイクル数の目安
  • 腹部4~6サイクル
  • 背中・腰2~4サイクル
  • 顎下1~3サイクル

施術の流れ

時間2時間~2時間30分程度

  1. 院長によるカウンセリング
  2. 写真撮影後マーキング
  3. クールスカルプティング冷却 35分~75分
  4. マッサージ 2分
  5. ふき取り後お帰りいただけます。

※上記は2サイクルにかかる時間です。

治療回数
1回の施術で25%の脂肪細胞が減少します。

期間
1回施術後、効果がでるのが2~3ヶ月後となります。

施術適応部位

副作用・リスク

施術中冷却開始とともに冷たさ・ヒリヒリ感・痛みを感じる方がいらっしゃいますが数分後には沈静化されます。
数日~数週間発赤・アザ・腫れ・一時的な蒼白化・圧痛・掻痒感・ヒリヒリ・知覚麻痺・顎下は顎下部ののどの奥に感じるつまり感を感じる方がいらっしゃいますが2~3週間程度で沈静化されます。
治療中~治療直後にまれにおこる有害事象血管迷走神経性湿疹(食事抜きで施術された場合)
Ⅰ~Ⅱ度の凍傷
施術後にまれにおこる有害事象皮下硬結・色素沈着・遅発性疼痛
料金表はこちら