一般皮膚疾患
湿疹と一言に言っても、アトピー性皮膚炎だったり、かぶれや虫刺されといったものであったり、様々です。
一過性で治るものから、長期通院しながら徐々によくしていく必要があることもあります。
症状に応じて、保湿剤などの外用、抗アレルギー剤などの内服薬、漢方薬を処方いたします。

湿疹の出方や、部位、症状によって、皮膚科専門医による治療を受けることができます。
必要に応じて、アレルギー検査を行います。

やけどをしたら、すぐにつめたい水で冷やして来院ください。
火傷跡のご相談も承ります。

やけどをしたらすぐに冷たい水で冷やしてください。
場合によって水ぶくれができることもあります。
この場合無理に破かずに来院することをおすすめします。

また火傷跡を消したい場合は、塗り薬やレーザーなど肌をきれいにすることができます。
毎日の処置が必要な方は、適宜予約を取らせていただきます。

様々な原因から皮脂の過剰分泌により起こるニキビ。
保険診療、および、自由診療のご案内もしております。

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌が主な原因ですが、大人のニキビはもう少し複雑です。
不規則な生活、ストレス、紫外線の浴びすぎ、化粧品の成分など様々です。
これらが原因となりホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が盛んになります。
その結果、皮脂が過剰に分泌されるのです。
皮脂は毛穴を詰まらせます。
詰まってしまうと肌のターンオーバーが乱れ、菌が繁殖しやすい状況になりニキビができてしまいます。

保険診療外用薬 内服薬 漢方治療など
まずは保険診療にて軽快させ、ニキビを早く治したい方には自由診療のご案内もしておりますのでお申し付けください。

各感染症の検査を受けることができます。
パートナーと受けられることもオススメです。

採血による各種アレルギー検査、および、パッチテストなどを必要に応じて行います。

こどもの皮膚疾患

虫刺されや、けが、水いぼなどの治りかけのときにかゆみが起こります。
その際に引っ掻いたりすることによって、子供の場合とびひになりやすいです。
傷の治りかけのときの掻破や、汁が出てくる状態などが起こった際は、とびひの可能性がありますので早めに受診してください。

当院では外用薬、漢方内服などで保存的治療をします。
タイミングを見て摘除を行うこともありますが、希望に応じて麻酔テープやクリームを使います。

湿疹の出方や、部位、症状によって、皮膚科専門医による治療を受けることができます。
必要に応じて、アレルギー検査を行います。