一般皮膚疾患

湿疹 しっしん

皮膚の表層に起こる炎症の総称で、皮膚炎とも呼ばれます。発症から間もない湿疹は急性湿疹、長期化した状態は慢性湿疹と呼ばれます。 湿疹の特徴から、手湿疹や皮脂欠乏性湿疹、脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)やアトピー性皮膚炎、異汗性湿疹、貨幣状湿疹など名前がついたものや、原因がはっきりしないものなどがあります。

湿疹にはさまざまなものがあり、原因もそれぞれ異なります。

【手湿疹】何らかの外的な刺激やアレルゲンに触れることで、手に生じる湿疹です。主婦や美容師、調理師など、水や洗剤をよく使う人がなりやすいです。
【皮脂欠乏性湿疹】年齢による変化や、秋から冬の空気の乾燥により、皮脂の分泌が低下すると、皮膚が乾燥してカサカサと粉をふいた状態になり、湿疹を生じやすくなります。
【脂漏性皮膚炎】頭部、毛の生え際、耳の後ろ、鼻の周りなど、あぶらの分泌物が多い場所にマラセチアというカビの一種が増殖することで起きると考えられています。
【接触皮膚炎(かぶれ)】特定の物質に肌が触れることで、赤みやブツブツ、水ぶくれができ、強いかゆみや痛みを感じます。
【異汗性湿疹】原因は不明です。夏季に多く発症するため発汗との関連が示唆されていますが、発汗と関係がない場合もあります。金属アレルギー、アトピー性皮膚炎などがきっかけになることもあります。
【貨幣状湿疹】虫刺されやかぶれ、皮脂欠乏性湿疹などを掻き壊すことによって起きます。

基本的にはステロイド薬が使用されます。軽度な湿疹であれば、ステロイド薬の塗り薬で症状は改善しますが、自家感作性皮膚炎のように全身性に湿疹が現れるような場合には、ステロイド薬の内服治療が行われます。かゆみに対しては、抗ヒスタミン剤の内服で対処するのが一般的です。

原因と考えられる物質や刺激があればそれを避けます。手湿疹の場合には、こまめにハンドクリームを塗って保湿に努めることも大切です。

アトピー性皮膚炎 あとぴーせいひふえん

アトピー性皮膚炎は、よくなったり、悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主とする疾患です。ご自身あるいはご家族が気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎を持っていることが多く、また、IgEというアレルギーに関する抗体を産生しやすいことが多いと言われています。 当院ではステロイドだけではなくJAC阻害剤やバイオ製剤など最新の治療薬をもちいて、より治療の選択肢を広げます。 また寛解後も、皮膚炎で起こった黒ずみやゴワゴワに対しての美容皮膚科での診療も行うことができます。ご相談ください。

皮膚の乾燥とバリアー機能異常があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。

ステロイド外用薬、免疫抑制薬(タクロリムス軟膏)、保湿剤、抗ヒスタミン薬の内服などを行います。さらに近年、生物学的製剤であるデュピクセント、JAK阻害剤であるコレクチム軟膏も発売され選択肢が広がっています。正しい治療、スキンケア、悪化因子の対策を行うことで症状をコントロールして、湿疹などの症状が出ない状態にすることができます。

炎症を抑えると共に、スキンケアをきちんと行うことがアトピー性皮膚炎治療の大原則です。皮膚の清潔を保つため入浴、シャワーをし、刺激の少ない石鹸で軽い、その後保湿剤を塗ります。通常の治療を行ってもなかなか良くならないアトピー性皮膚炎の治療では、悪化因子を調べ、取り除くことも大切です。乳幼児では食物アレルゲン、それ以降ではダニ、ハウスダストなどが関係していることがあります。汗、乾燥や、皮膚に触れる様々な物質、ストレスなども悪化因子となり得ます。

火傷 やけど

強い熱のストレスが皮膚や粘膜にかかり、損傷することで起こります。

熱湯や油、ライターやコンロの火、アイロン、炊飯器やポットの蒸気などの他に、電気毛布や使い捨てカイロのように、低温のものであっても、長時間皮膚にあてておくことで低温やけどになることがあります。

どのようにやけどを負ったのか、どのように処置をしたのか、また、深さや重症度に応じて適切な治療を行います。

やけどをしたら直ちに、5分から30分ほどを目安に流水で患部を冷やすことが大切です。冷やすことによりやけどが深くなるのを防ぎ、痛みを和らげます。場合によって水ぶくれができることもあります。この場合無理に破かずに来院することをおすすめします。毎日の処置が必要な方は、適宜予約を取らせていただきます。

Q火傷跡の色は消せますか?

A.火傷跡の色を消したい場合は、塗り薬や美白剤などで薄くすることはできます。なるべく早めの治療が必要となりますので、まずは医師による診察をお受けください。

ニキビ

毛包(毛穴)が詰まってできる小さな発疹のことをいいます。様々な原因による皮脂の過剰分泌により起こります。

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌が主な原因ですが、大人のニキビはもう少し複雑です。不規則な生活、ストレス、紫外線の浴びすぎ、化粧品の成分など様々です。これらが原因となりホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が盛んになります。その結果、皮脂が過剰に分泌されるのです。皮脂は毛穴を詰まらせます。詰まってしまうと肌のターンオーバーが乱れ、菌が繁殖しやすい状況になりニキビができてしまいます。

保険診療外用薬、内服薬、漢方治療などを組み合わせて治療を行います。 まずは保険診療にて軽快させ、ニキビやニキビ跡を早く治したい方には、レーザーやピーリング、自由診療のご案内もしておりますのでお申し付けください。

手でニキビをつぶすと、細菌感染を引き起こして悪化することもあるので、自分ではつぶさないようにしましょう。

Q顔以外にもニキビはできますか?

A.背中や胸にも、皮脂腺のたくさんある毛穴があるため、ニキビができます。

毛孔性苔癬 もうこうせいたいせん

二の腕や肩、背中、太ももなどの毛穴にぶつぶつした小さな発疹がたくさんできる疾患です。さめ肌と呼ばれることもあります。子供のころから発症し、思春期に最も目立つようになるのが一般的です。その後、年齢とともに次第に軽減し、30代以降には目立たなくなっていきます。

毛穴の中にある毛包の角化が過度に進むことで起きます。遺伝的な背景もあると言われています。

サリチル酸ワセリン、ビタミンA軟膏、尿素軟膏などで角質を柔らかくしますが、十分な効果が出ないことも多いです。当院ではダーマペン4を用いた自由診療での治療も行っています。

ごしごし擦ったり、ボディスクラブを使用するなど、患部に刺激を与える行為は避けてください。

創傷 そうしょう

外力(機械的、物理的、化学的)により生じた組織・臓器の損傷(けが)をさします。切創(切りきず)擦過傷(すりきず)裂挫創(皮膚が裂けたきず)刺創(刺しきず)咬傷(咬みきず/ヒト咬傷、動物咬傷)に分けられます。

【切創(きりきず)】体表組織を刃物などの鋭利なもので切られた直線状の創のこと。創の深達度により、血管、神経、筋、腱などの損傷を伴います。
【擦過傷(すりきず)】皮膚表面がこすられて、表皮が剥離した状態の傷(すり傷)のこと。道路のアスファルトや塀などにこすれた時にできます。
【裂挫創(皮膚が裂けたきず)】何かにぶつけたときの鈍的外傷により生じた皮膚の損傷で、切創に比べて創部周囲の損傷が高度なことが特徴です。
【刺創(さしきず)】鋭利なもの(ガラス片など)で刺された創のこと。見た目の創が小さくても、深部組織の損傷や汚染に注意が必要です。
【咬傷(かみきず/ヒト・動物)】動物にかまれて生じる創傷のこと。見た目の創が小さくても、口腔内細菌などによる感染に注意が必要です。

傷の状態に応じて、縫合する、軟膏を塗る、テープによるケアなどを行い、できるだけ傷あとを目立たなくします。砂利やゴミが入っている場合には、早めに傷口を十分洗浄し、細かい異物を除去します。傷が治った後にしみやあざが残り外傷性色素沈着や外傷性刺青(いれずみ)となった場合には、レーザー治療が可能です。(健康保険適応)

外傷後の色素沈着を防ぐためには、摩擦、日焼けを避けることが大切です。

Q傷跡を治療することはできますか?

A.傷跡の状態により、治療できる場合がございますので一度ご相談ください。

水虫 みずむし

皮膚糸状菌という真菌(カビ)によって起こる感染症です。足の裏や指だけでなく、手足の爪、体や頭部にも生ずることがあります。

水虫の原因は、皮膚糸状菌というカビの一種が皮膚に感染することです。この菌は、皮膚の一番外側の角層部分に住みつきます。食品にカビが生えるのと同じように、皮膚に菌が生えてしまった状態です。角質に住みついた菌は、様々な成分を代謝し、その成分へのアレルギー反応が原因で、かゆみなどの不快な症状が出てきます。水虫の原因をシャットアウトするには、外からの感染に対する注意が必要です。
水虫の原因である皮膚糸状菌の感染リスクが高いのは、水虫患者が靴を脱いで歩く場所。ジム、プール、飲食店の座敷などはもちろん、家庭内でも感染の危険性があります。
水虫は生活環境のいたるところからうつってしまう病気です。水虫患者が靴や靴下を変えなければ、菌にとってはとても住みやすい環境になってしまいますし、お風呂に入らなければ古い角質がとれずに厚くなってしまい、皮膚糸状菌の増殖には絶好の環境となってしまいます。

抗真菌作用を有する塗り薬を塗ります。爪水虫には飲み薬が最も効果が高いですが、定期的な採血が行えない方や、副作用が気になる方には、爪専用の塗り薬での治療も行っております。

痒みがない場合もあり、足白癬と気がつかずに放置している足白癬患者さんが多くいます。また、同居している他の人も感染していれば一緒に治療することが大切です。

こどもの皮膚疾患

とびひ

湿疹や虫刺されなどを掻きこわした部位に細菌が感染し、そこから周辺や離れた部位に広がります。水ぶくれができるタイプと、厚いかさぶたができるタイプがあります。

ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)などが原因菌です。接触によってうつり、あっと言う間に広がります。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。

抗生物質の外用や内服を行います。

虫刺されや、けが、水いぼなどの治りかけのときにかゆみが起こります。その際に引っ掻いたりすることによって、子供の場合とびひになりやすいです。傷の治りかけのときの掻破や、汁が出てくる状態などが起こった際は、とびひの可能性がありますので早めに受診してください。

水いぼ みずいぼ

皮膚と同様の色の1〜5mm程度の隆起が多数出現します。基本的には痛みやかゆみなどの症状は伴いません。

水いぼを直接触ったり、タオルやおもちゃなどを間接的に触ったりして、原因である伝染性軟属腫ウイルスが皮膚に感染します。小さなお子さんは皮膚が薄くてバリア機能も未熟であり、まだ免疫もないため、感染し易いです。

当院では外用薬、漢方内服などで保存的治療をします。 タイミングを見て摘除を行うこともありますが、希望に応じて麻酔テープやクリームを使います。水いぼの数が多かったり、お子様が摘除を嫌がる場合などは、水いぼクリームのご用意もございますのでご相談くださいませ。

タオルを共用しないようにしましょう。乾燥肌のお子さんやアトピ―性皮膚炎のお子さんは水いぼの感染を生じやすいので、肌が乾燥しないように保湿をしましょう。

Q水いぼは取らないといけないのですか?

A.水いぼは放置しておいても自然消退しますが、患者の年齢や軟属腫の数、保育所・幼稚園や学校の対応などを総合的に判断したうえで治療方法を決定します。

Q引っ掻いて潰してしまいました。大丈夫でしょうか?

A.水いぼは潰してウイルスが飛び散ると増えてしまうので、潰さない、触らない、掻かないようにしましょう。万が一潰れた内容物を触ってしまった場合は、すぐに手と触れた部分を洗いましょう。潰れた部分も洗って絆創膏などで保護をしましょう。

アトピー性皮膚炎 あとぴーせいひふえん

アトピー性皮膚炎は、よくなったり、悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主とする疾患です。ご自身あるいはご家族が気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎を持っていることが多く、また、IgEというアレルギーに関する抗体を産生しやすいことが多いと言われています。肘の内側、膝の裏、足首の前、首のまわり、低年齢では頬やおでこ、四肢外側のどこかに皮膚のかゆい状態がでます。

皮膚の乾燥とバリアー機能異常があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。

年齢や部位に応じて適切なステロイド外用薬、免疫抑制薬(タクロリムス軟膏)、保湿剤、抗ヒスタミン薬などの内服を組み合わせて治療を行っていきます。

近年、湿疹がありバリア機能が低下している皮膚から食物が入り込むことによって、食物アレルギーが発症するという仕組みが分かってきました。また、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎を次々に発症するアレルギーマーチの起点はアトピー性皮膚炎が関係していると言われています。早い時期から正しい治療を行い、皮膚を良い状態に保つことが大切です。

検査

アレルギー

細菌・ウィルス・寄生虫などの感染性微生物や異物などから、身を守るための免疫の働きが、異常を起こし、くしゃみ、発疹、呼吸困難などの症状を起こしてしまう状態です。食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、アレルギー性結膜炎、気管支喘息(ぜんそく)、アレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)、薬剤アレルギーなどがあります。

・食物
・花粉(樹木、雑草)
・塵、ダニ
・動物、昆虫
・水虫、カンジダ
・ラテックス

アレルギー疾患では、まず原因となっているアレルゲンを特定し、アレルギー反応によるものかどうかを調べることが治療の第一歩となります。そのために症状について問診を行った上で、採血による各種アレルギー検査、パッチテストを必要に応じて行います。

パッチテストとは

背部などに種々のアレルゲンを貼り、皮膚炎の原因として皮膚に接触する物質が関係していないかどうかを調べる検査です。
当クリニックでは、日本人で陽性率が高い原因物質のうち、金属の一部、香料、油脂、樹脂、ゴム製品などに含まれるアレルゲンがセット化され、22種類のアレルゲンを調べることができるパッチテストパネル®(S)を用いて行っています。(予約制)

舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)

スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎の方は有効な保険治療のひとつとして、治療薬を舌の下に投与する舌下免疫療法というものがあります。

感染症

病原体(=病気を起こす小さな生物)が体に侵入して、症状が出る病気のことをいいます。 病原体が体に侵入しても、症状が現れる場合と現れない場合とがあります。各感染症の検査を受けることができます。 パートナーと受けられることもオススメです。

・HIV
・B型、C型肝炎
など

採血にて行います。数日後に結果が出ます。